不動産売却ガイド

【売却活動・インターネット掲載】不動産を売却するための第三段階2

スマウリを使うと面倒なこと考えずに売れるカメ…。
この記事ではスマウリを使わないで一般的な不動産売却した場合について書くカメ。

前の記事「【売却活動・図面作成】不動産を売却するための第三段階1」は覚えているカメか?
これで図面が作られたはずカメ。
その次にインターネットへの情報掲載が始まるカメ。

不動産サイトへの掲載

インターネットへの掲載はathome,homes,suumo,Yahoo!不動産(アルファベット順)が有名だカメ。
一度でも不動産を探したことのある方はどの方もご利用されたことあると思うカメ。
ただ、とにかく情報量が多いカメ。
似たような物件があれば、目立ちづらくなるのは世の理カメ。
そして、不動産図面と一緒で、記載するものが不動産公正取引協議会規約により規定されているので厳しいカメ。
だからカメ、他社と比較して書いてある内容において特段違いはないカメ。

不動産掲載情報の差別化

そしたらどうやって差別化を図るか?そこが室内写真なんだカメ。
室内写真を多く掲載すると、お客様が問い合わせしようとする不安が減るんだカメ。

「お家が散らかっているから嫌だなぁ」と思うのが人の心なのはわかるカメ。
でも生活感があれば、それだけ購入希望者の想像を掻き立てるんだカメ。
どちらにしろカメ、不動産購入は内見が必要だカメ。
だから遅かれ早かれ部屋の中を見られてしまうのでそこは仕方ないカメ。

きちんと情報公開できる人なら、購入者と売却者の信頼関係が生まれて素晴らしい不動産契約になると思うんだカメ。
まずは整理整頓をして綺麗に写真が撮れる状態にするのが最初カメ。

そして晴れの日に家の外観を撮るので、その日は洗濯物は一旦外していただきたいのでよろしくカメ。