不動産売却ガイド

【媒介契約】不動産を売却するための第ニ段階

不動産を売るには、色々順番をとおして売却になるカメ。
査定の次の第ニ段階が媒介契約カメ。
不動産会社が出した不動産価格に納得して決定カメしたら、次は売る活動を行う媒介契約の締結になるカメ。

※スマウリを使うと、こういう面倒なこと考えずに売れるカメ。この記事ではスマウリを使わないで一般的な不動産売却した場合について書くカメ。

媒介契約とは

媒介契約の意味は、不動産を売る活動をするために必要となるカメ。

  1. 不動産情報流通機構(REINS)に情報を流し、広く購入希望者を募る
  2. athome,homes.suumoなどの不動産ポータルサイトに掲載する
  3. 不動産売却に必要な各種行政書類を取得する為の委任状代わり

これらのために必要カメ。
媒介契約を結ぶことで、お客様は売却に掛かるたくさんの手間を不動産会社に任せて、不動産会社はその売却の成果だけで仲介手数料を頂くようになっているカメ。

媒介してできる売却活動

売却に合わせて上記の活動以外にもお客様から

  1. 投げ込みチラシを撒いて欲しい
  2. 近隣にバレるわけにはいかないので秘密裏に動いて欲しい

などなど、それぞれの事情はぜひ言ってもらって結構カメ。
そんな要望に合わせて、不動産会社が売却活動を検討するカメ。

不動産売却活動の約束、それが媒介契約なんだカメ。