不動産売却ガイド

【査定】不動産を売却するための第一段階

不動産を売るには、色々順番をとおして売却になるカメ。
不動産は、近隣より高すぎても売れないし、安すぎても売れないカメ。
不当に高いとお客様は買えないし、安すぎると不安を感じてしまうカメ。
だから、適切な相場を見るのが不動産会社のしごとカメ。
その第一段階が査定カメ。

査定に必要な項目

まずは、不動産の価格を決定しなければ始まらないカメ。
不動産価格を決めるためには以下の条件必要カメ。

  1. 相場の把握
  2. 現場でのチェック
  3. 住宅ローン残債の確認

室内のチェック

お部屋の中でのチェックも重要カメ。
現場で建物をチェックすることで、物件の良い点、悪い点を僕のようなつぶらな目で見つけ出し、相場との差をつけないと勝てないカメ。
ここがプロにしかできない部分だカメ。

周辺環境のチェック

建物の見えない部分のチェックや周辺環境のなどを広い範囲の調査を行うカメ、そして周辺の競合物件の調査をして、適切な金額を設定するカメ。

売却にかかる費用計算

これは最後カメ。価格を決めてもお客様が住宅ローンを支払いが完済できなければ意味がないカメ。
お客様に状況を伺って、売却時に掛かる経費などを計算してきちんと残債が支払える様にするので心配無用カメ。そういう調査も不動産会社の仕事なんだカメ。