不動産売却ガイド

不動産を売るためにできること

自分の持ち物の不動産をいい人に高く買って欲しいのは、誰しもが思うことだカメ。
でも、不動産を売るのは広告を出したり、不動産会社専門の情報流通サイトに載せたりしないといけないカメ。だから不動産会社に依頼する以外に方法が無いカメ。
だからといって人任せにはできないカメ。
売主様でないとできないことがあるので、それをやってほしいカメ。

掃除するカメ

何は無くとも掃除カメ。
商売の基本は掃除カメ。
専門家を呼ぶ必要は無いカメ。
部屋が綺麗で悪いことはないカメ。
また、戸建なら玄関前や庭を綺麗にするカメ。
マンションでも共用部分にお子様の自転車などを置いている場合などはそれも隠すカメ。

プロの掃除屋さんを呼ぶ必要は無いカメ。重要なのは物が散乱していないことカメ。
クローゼットやタンスなどにしっかりとしまうカメ。不動産を売却中の方は、週末の午前中は必ず荷物を片付ける時間を設けるカメ。
案内のある無しに係わらずスッキリした家は気持ちいいカメ。
「この家ともあとわずか…」と感傷的になれば、がんばろうという気持ちになるカメ。

部屋が綺麗かどうかで、申し込み率は大きく変わるカメ。それは、内見の時だけじゃないカメ。インターネットに写真を載せる時にも綺麗なお部屋の写真は重要になるカメ。
クローゼットや色々な収納に物をしまう。テーブルやカウンターに物を置かない。キッチン用品は全部しまうカメ。

これだけで十分なんだカメ。
まずは商品の見た目を上げるカメ。

建築時や契約時の資料準備するカメ

本当に忘れがちなんだけど、当時の資料が無いと人は分からないことが多いカメ。
当時の資料があれば、それだけ、広告で目を引くキャッチコピーも考えられるカメ。
良い物が売れるわけではなく、良いマーケティングをしたものが売れるとドラッカーも言っているカメ。
つまり、事前にきちんとした不動産情報を知るための資料はひじょ~~に重要カメ。
そして内見の時にはお客様と話すことがよくあるカメ。そこで自分の資産を説明できないとちょっと信頼性が薄まるカメ。だからこそ、自分の家のことを知ることも重要カメ。

次に家を買うときには、きちんと保管しておくカメ。

電球を綺麗にしておくカメ

最近は節電意識も高まっているので、不要な電気を消す家庭が多いカメ。でも、だからこそそこは重要視して欲しいのが電球カメ。

全ての電気を綺麗にして電球切れを無くすカメ。そして内見があるときにはきちんと全ての電気を付けて待つカメ。特に玄関は最初のイメージを作る場所カメ。そこが暗いとどうしてもどんよりしてしまうカメ。
全ての電気をつけておくことで、家の印象もパッと明るくなるので、入って気持ちのよい家が完成するカメ。
ちなみにだカメ、電球を綺麗に拭いておくだけで、部屋の明るさは15%ほど明るくなるらしいカメ。少し明るいだけで自分たちの気持ちも上向くカメ。

エアコンを付けて快適な室温を保つカメ

空調もまた重要カメ。実は日本の家屋と気温の関係上、どうしても底冷えが起きやすいカメ。しかも夏場は閉めきっておくと灼熱の暑さカメ。
見た人の気持を良くするのは商売の基本カメ。エアコンのついていない雑貨屋さんは早く出たくなるカメ。そういう観点からみても内見がある前にきちんとエアコンを付けて空調を整えておくと好印象カメ。
これらは、全て売主様しかできないことカメ。最後の最後は不動産屋さんの営業力ではなく、物件に対する愛情だったりするカメ。