不動産売却ガイド

媒介の種類、専属専任媒介?専任媒介?一般媒介?

不動産を売りたい場合、普通は媒介契約を締結しなければ、売却ができないカメ。

普通は査定してくれた不動産会社さんと契約をして、買い手を探してもらうんだカメ。
査定した不動産会社が買うわけじゃないんだカメ。
ちょっと宣伝するとスマウリを使うと、こういう面倒なこと考えずに売れるカメ。この記事ではスマウリを使わないで一般的な不動産売却した場合について書くカメ。

媒介とはなにか?

『媒介って何カメ?』
国語辞典によると「両方の間に立って、なかだちをすること。とりもつこと。」らしいカメ。

不動産会社さんは、売りたいお客様の代理人でもなく、買いたいお客様の代理人でもなく、売りたいお客様と買いたいお客様の間に入って、仲を取り持つ人なんだカメ。
その契約をしなければいけないということだけ覚えていて欲しいカメ。

媒介の種類

そして、媒介には3つの種類があるカメ

  1. 専属専任媒介
  2. 専任媒介
  3. 一般媒介

この次はこの3つを解説していくカメ

【1.専属専任媒介】

専属専任媒介とは、一から十まで全てこの不動産会社さんにお任せするという媒介だカメ。本来、売りたいお客様は、買いたいお客様を探して勝手に契約することも可能だカメ。でもそれだとすごく時間もお金も掛かるカメ。だから不動産会社さんに依頼するんだカメ。
そこで、この専属専任媒介は、たった1社にしか依頼することができないカメ。その1社の不動産会社さんにお任せする為に、不動産会社さんにとっても厳しい活動必須事項を求めているカメ。

  1. 契約を結んだ翌日から5日以内に指定流通機構(レインズ)に物件を登録しなければいけないカメ
  2. 1週間に1回以上の文書による活動報告も義務付けているので何をやっていたか全て分かるカメ

こういう風に不動産会社さんががんばらなければいけないように仕向けているのが専属専任媒介契約なのだカメ

【2.専任媒介】

専任媒介は、先ほどの【1.専属専任媒介】とは少しゆるやかになって、売りたいお客様ご自身が、直接買いたいお客様を探すことだけは許されるカメ。
あとは全て1社の不動産会社さんに依頼するカメ。こちらは少しだけゆるやかで

  1. 契約を結んだ翌日から7日以内に指定流通機構(レインズ)に物件を登録しなければいけないカメ
  2. 2週間に1回以上の文書による活動報告も義務付けているので何をやっていたかほとんど分かるカメ

こういう制限があるカメ。

【3.一般媒介】

一般媒介は、これは上の2つとは全く違うカメ。
いろんな業者さんに色々任せてみて良いカメ。
2社でも100社でも依頼可能だカメ。
でもどんどん依頼しすぎてもダメカメ。
一般媒介は、専属専任媒介や専任媒介にあるような、指定流通機構(レインズ)に物件を登録や活動報告の義務がないカメ。
一つ一つ聞いていかなければいけないカメ。
だからあまり多くに依頼しすぎてしまうと、いったい何がどうなっているのかわからなくなってしまうカメ。

結局どれがいいのか?

カメ蔵から見た場合、一番お客様が楽なのは専属専任媒介だカメ。
いっぱい広告が載るのは一般媒介だカメ。

一長一短なので、自由に選ぶカメ。